Aston Cantlow は
ストラットフォードより程近い
観光名所などの全くない小さな村だ
観光を目的にした旅行者には魅力のない
村かもしれないが、そこには観光地には
ない英国的な魅力が満ち溢れている
白い壁にへばりつくように生えた
りんごの木が独特な雰囲気を
演出している美しいコテージ
上の写真:
Aston Cantlow の村はずれにある麦畑
ここで収穫された小麦で
あの美味しいパンが作られている…


散歩道の先に明るい広場が広がっていた
なんでもない木の扉だが
幼少の頃を思い出してしまうような
魅力的な光景に思えてしまった
ハーフティンバーのチャーミングなコテージ
Village hall と書いてあったので
日本で言う公民館のようなものなのか
夕暮れ時にはベンチでビールを呑む
村人が会話を楽しんでいた
二泊お世話になった
Tudor Rose Cottageのベッドルームだ
庶民的なホテルに泊まるよりも
はるかに安いB&Bの
バスルームとはとても思えないだろう
お世話になったTudor Rose Cottage
Rob と Wendy に息子が
感謝の気持ちをこめてギターを弾いた
息子のギターに
一番聞き惚れていたのは
コッカスパニエルのJoJo だったのかも・・・
村の散歩道は牧草地に続いており
たくさんの羊とゆったりとした時間を
過ごすことができる
羊の数が多いだけに、
その落し物には要注意だが・・・